ビジサカ~ビジネスの悩みをサッカーで例え、解決・提案していく~

サッカーで解説!経営・事業計画の選定方法をチーム論から学ぶ

今回ご紹介する「経営計画」や「事業計画」の選定はビジネスにおいて非常に大切な部分になります。「計画」がなければ「実行」はないのです。どのように選定していくか是非、注目してみてください。

 

計画を選定する際に1番大切なのは「理念」に乗っ取った計画を立てる事です。そしてそれを元にかみ砕いていきます。どのように(誰が)計画を選定するか、今回はサッカーチームに例え解説しますので少しでも参考になればと思います。

 

計画の選定

 

サッカーチームをイメージしてみてください。まず親会社があり、チームがあります。ここでは「親会社」を「経営陣」「チーム(現場)」を「マネージャー社員」の役割としてイメージしてください。

 

まず、親会社が「方針」を出します。その「方針」は会社の「理念」によって作られます。方針を打ち出し、「中期的」な目標を定めます。具体的な例を下記で例えます。

 

理念と方針

 

始めに「理念」はどのようなチームであるべきか。「方針」は理念を目指す為にどの様な道で行くか。そして「中期目標」は何年間で、その道のどこまで進むか。を決めます。

 

例えば、「サッカーを通じ世界規模での社会貢献をする」という理念であれば、そのために「世界規模の大会に出場し、世界に存在を知ってもらう」という方針を打ち出し、そのために「〇〇年までにはCL出場」等の中期目標計画を立てます。そこから、必要な事として「理想のサッカースタイルの選定」→「補強」→「所属リーグ優勝」などと続きます。ある程度の動きを決めたら現場(マネージャークラス)の管理者にバトンタッチします。

 

 

理念…どのようなチームであるべきか

方針…理念で上げたチームになる為の道

中期計画…方針で決めたことを数値化する計画

 

 

それではマネージャークラスの役割を説明していきます。

 

マネージャークラスの役割

 

マネージャークラスの役割=チーム(現場)の管理」で考えていますので、簡単に言うと監督・コーチ陣など「クラブスタッフ」をイメージするとわかりやすいと思います。

 

ビジネスでは「経営計画」は経営陣、「事業計画」はマネージャークラスが考えるのが一般的です。ですので「事業計画」は「経営計画」が落ちてきた後に考えるのが基本的な流れになります。「事業計画」とは、サッカーで例えるなら「選定されたメンバーでどのように戦っていくか」「ある程度のサッカースタイルと選手を与えられ、どのように計画達成に導くか」を考える事です。リーグ優勝するための考え方を選手に統一させ、一体感をもって個々の役割を理解させることです。

 

経営計画の選定…経営陣

事業計画の選定…マネージャークラス

経営計画…「理念」に沿った計画(会社のあるべき姿)

事業計画…与えられた環境で経営計画をどう達成していくか(経営計画必達に向けた具体的な作戦)

 

以上のような順番・役割を理解して計画を立てていきましょう。

 

まとめ

 

 

 

役割というのは大切です。会社は何を目指しているかを明確にし、下に落としていく。そして現場が現実的にかみ砕いて実行していく事が大切です。

 

このように「どの人が何を考えるか」の役割分担をはっきりし、見えない場合は分かるまで話し合うことが大切です。まずは自分がどこにいて何を考えるべきかをイメージしてみてください。

 

役割分担をして、かみ砕いていく事が組織として計画を立てる第一歩となるのです。

 

 

 

それでは(‘ω’)ノ

最新情報をチェックしよう!